top > diary > diary2010/070809101112





私は、百貨店が好きです。理由は、いろいろありますが、
以前仕事で本当によくいろんな百貨店にいっていた事がいちばんの理由かな。
開店前、営業時間内、閉店後、休日といろんな表情の百貨店を懐かしく思い出します。
今は、時々行くかんじです。先日、用事があって行った屋上が素敵なお庭の百貨店には、
いつものように小さなお子さんを連れたお母さん達が何組かいました。
皆さん柔らかい表情だったり、とびっきりの笑顔だったり、そのひとときを楽しんでる様子。
雨上がりだった事もあり、木のベンチには、ちょっとした水たまり。
その近くを通る小さな男の子たち。ほとんどの小さな手がその水たまりをたたいては、
水が跳ねるのが楽しくてしょうがない様子。
2歳半位のひとりの男の子が何だかこっちをみているので、水しぶきが大きい時、
私も思わずちょっと大きくリアクション!!満面の笑顔!!!
気がつくととても近くにやってきて、
今度は、ポケットからミニカーをだし、ちょっと誇らしげ。
へーいいね!かっこいいね!と笑顔でいったものの、さっき以上のリアクションを
期待されてしまったのか、彼のそれはそれは自慢のミニカーだったのか、
何だかちょっぴり不服そう!!!???
他のお母さんとおしゃべりを続けながらもお母さんは、その男の子の手をひいて移動する為に
歩きはじめました。男の子は、何度かふりかえってまた満面の笑顔で私に小さなバイバイ。
私も小さくバイバイ。とふりかえるとまた別の
今度は、3歳くらいの男の子が同じ事をやっている。その傍らに優しい笑顔のお母さん。

子供たちに願う。いろんなひとときをひとつひとつ重ねて、健やかに成長してねと。

細野美穂

夫は、小学生の時、君は大器晩成だね!と先生に言ってもらった事を
密かに大切にしています。(あーばらしちゃった)
確かに夫は何とも言えない時間をまとっていて、何だかスローです。
仕事をしている時は、結構スピーディだと思いますが、
それ以外では、本当にのんびりと過ごしています。
私も元来は、のんびりしているので、一緒に散歩などしていても
あまり進まないことがあります。
雲の形の変化が面白く、立ち止まってしまったり、変化について話していると
あっというまに時間が過ぎていってしまいます。
そんな、夫なので、スケジュール管理を大切にしています。
というのも朝、珈琲をいれ、珈琲の産地の話をしているとまたあっという間に時間が過ぎ、
あわてたりするので、携帯のアラームなども使ってなにかと自分に知らせています。

野菜を買うのも密やかな楽しみなのを私は知っています。毎日のようにどこかで
野菜を買ってきます。最近は、かぶ等をよく買ってきます。

以前、ショッピングモールのような所で、ちょっと占いをしてもらったら、
夫は、80歳以降よくなりますねぇ〜と言われてました。
私は、大器晩成にもほどがあるなぁと思いながらも、とても良い事だなぁだと思いながら
帰った日の事を何かと忙しい師走の今日思い出しました。

細野美穂

今日は、ジョン・レノンの命日。
きっとラジオでは、ジョン・レノンやビートルズの音楽が流れているのかな・・・
当時は、ビートルズは、もちろん知っていたとはいえ、学校の音楽の授業で知った事もあり、
子供の自分にとっては、バンドとか、アーティストとかの域を超えて、大袈裟に言うと、
クラシックのような印象でした。でもでも、ジョン・レノンが亡くなった事をニュースで
知った時の衝撃は、今でも覚えています。訳が分からない恐怖とでも言えばいいのでしょうか。
隠していた自分の心の何かが崩れ落ちるような気持ちになった事も何となく覚えています。

私にとってはじめて心に飛び込んできた音楽はサイモン&ガーファンクルでした。
中学の頃、映画に夢中で「卒業」という映画に悲哀という感情を感じていた私にとって、
偶然、テレビで観て聴いたサイモン&ガーファンクルのライブがしみ込んでくる事は、
必然だったのかもしれません。今でも、おもいだしたかのように聴きます。
何故か雨の日に聴く事が多いですね。

その後、10代後半にしっかりとゆっくりとビートルズをジョン・レノンを聴いていた時間を
懐かしくおもいだします。ジョンとヨーコの有名なレコードのジャケットを模写していた事も。
その後、ジャニス・ジョップリンに出逢い、私の人生がやっと動き始めたかもとか
終わるのかもなどと感じながら、20代になっていった事もおもいだします。
グリーニング・オブ・ザ・ワールド(オノ・ヨーコさんの呼びかけで開催されたコンサート)で
レニー・クラヴィッツに出逢い、20代前半からの約15年間本当によく聴いたな!
そして、40代になった今、やっとちゃんと尾崎豊さんを聴けるようになりました。
胸がつらい感じになり、時には泣いてしまいます。思わず涙がこぼれてしまいます。やっぱり。
私の方がちょっと年下とはいえ同世代の私は、あまりにしんどくて聴けなかった。
世相のせいかもしれない。今思えば、のみこまれそうで怖かったと言ってもいいかもしれない。

音楽は、いつだってこちらの都合でそばに寄り添ってくれる。ありがたい。

先日、偶然つけていたテレビの2時間ドラマの台詞でドキッとした言葉がありました。
前後の内容は、よく覚えていないのですが、人間は、2度死ぬと。
1回目は、命がなくなった時で、2回目は、誰からも思い出してもらえなくなった時。
確かそんな内容でした。私は、このままだと間違いなく2度死ぬなぁ。

話がなんだか長くなりました。ニューヨークにいった時、
彼らのアパートが何事もなく佇んでいた事をぼんやりとおもいだしています。
ジョン・レノンは、間違いなく永遠であると感じながら、ご冥福をお祈りし、
彼の声に寄り添いながら、たった今が過ぎていきます。


ジョン・レノンさんに限らず、永遠になれる人は、今生は、生きづらいかもしれない、
のかも・・・・・・・・
そうでなくても・・・・・・・生きづらいのだから。

細野美穂

フェザー級王者決定戦。

長谷川穂積選手。
とても美しく。とても強く。
とてつもなくかっこ良かった。
第二章のはじまり・・・
これからも応援しています。
本当におめでとうございます。
本当にありがとうございます。

細野美穂

ひとりカフェ。ひとり旅。ひとりご飯。などなど。
ひとりで何かを楽しむ事を楽しみにしている人もいると思いますが、
私も昔から、ひとりで何かを楽しむ事が結構好きです。
でも、これって信頼できる人たちがいてくれるからこそ持てるひとり時間だと
感謝も同時に感じます。

以前、ひとり暮らしをしていた頃、本当に自分って!!
という発見が多くあった事をたまに思い出します。
実は、生のトマトが苦手だったこと。納豆が苦手だったこと。とても涙もろい事。
その時によるけど、映画や音楽は、恋愛がメインテーマより
人生や愛や自分を鼓舞できる感じの方が基本的に好きな事。
今は、シューベルトのアヴェ・マリアを聴いています!!!???

これから、ますます高齢化が進むんだろうな。
また、ひとり暮らしになるかもしれない。若い頃とは、全く意味が変わってくるんだろうな。
その時、何を思うんだろう。何に困るんだろう。何に苦しみ、何にもがくんだろう。
今とは、種類の違うどんな絶望を味わうんだろう。
それとも、そよ風のように、日だまりのようになれているかもしれない。
水のようにだって・・・

話が少しそれるが、以前フランス語を習っていた頃、素敵な女性にであった。
きっと70歳前後の方だと思う。彼女が言っていた。
フランスでエレベーターに乗ろうとすると、
知らない若い男性が私を女性として接してくれると。
日本では、なかなかそんな事にはならないと。微笑みながら話してくれた。
私は???気にした事なかった。きっと、この言葉が身にしみる日が来るのだろうと思う。
でも、そうなったとしてもこの女性のように微笑みながら生きていきたい。そんな風に思う。

お元気だろうか?本当に魅力的で爽やかで可愛らしい女性だった。

細野美穂

木々の中に佇みたいとふと思い、おととい、家に帰る途中、近所の公園に行きました。
深呼吸が気持ちいい!!気候もよい事もあり、鳥たちも歌ってる、歌ってる!
人々も和んでる、和んでる!私も和もうっと!なんて思いながら、ゆるりと、うろうろ。
秋を感じる植物の変化を楽しんだり、森林浴と日光浴をしてみたり、
池の鴨たちの動きをぼーっとながめてみたり。
池の端の方にロープがはってある場所があるのですが、
鴨たちは、見事なまでに軽快な動きで行ったり来たり。
うっかり、ロープにひっかかって、溺れそうになっている鴨はいない。
本当に見事に行ったり来たり。
激しすぎる動きをしたり、おそるおそると慎重になりすぎてもいなく、
日常のひとつのリズムなんだろうけど、鴨たちにいつも以上に感心してしまった。

リズミカルっていいなぁ。

細野美穂
2010110114.JPGロープをくぐるため、 姿勢を低くしている鴨。2010110124.JPGロープと鴨の関係。

コンビニ等に置いてある募金箱。昔から、私は、何だか嫌な事があった日に
募金箱を見かけたら募金させてもらってる事が多い。
(もちろんたいした金額ではないのだけど)
神社に行くと何だか落ち着くから、たまに行くのだけど、お願いごとがあるとかではなく、
何となく言ってしまう感じ。(お願いもしてみるんだけど)
人に聞かれたら、好物は鰻というけど、良く食べるのは、ツナが多かったりする。
(美味しい鰻は、もちろん大好きだけど)
私は、12月が1年でいちばん大好きだ!大好きだった?!(寒いのは、とても嫌だけど)

何か新しい事をしてみたくなった日でした。

細野美穂

昨日、サッカー 日本代表VSアルゼンチン代表を観に埼玉スタジアムに行ってきました!
素直に嬉しい!!アルゼンチン代表がベストメンバーじゃない!??とか
コンディションがいまいち!??とかいう事ではなく、
勝ったのは、もちろん!持ち味をいかし真摯な日本代表が嬉しかった!!!!

負けるものか!って背中に書いてあるくらい懸命なプレーに胸がジーンとし、
やっぱり、南アフリカのワールドカップを思い出してしまった。
実際、ボール際で自信溢れる、攻める、前に出る、連携のとれている守備に、
相手の守備の前に自分で仕掛ける!という積極的な攻撃。ためのある攻撃。
特に守備は、本当に本当に負けていなかった。
随所にさすがの素晴らしいテクニック、光るプレーは、あったし、
ちょっと危ない場面もあったけど、アルゼンチン代表からは、
ゴールの予感を感じられるというより、連携がとれていないように感じてしまい、
途中、どうやって攻めようかとさがってボールをまわしているアルゼンチン代表に
その光景に驚き、不思議な何とも言えない気持ちになってしまった。

何より、選手達が自分のプレーをイメージしている、信念のあるプレーが嬉しかった!!
これからも、相手がどこであっても南アフリカで得たものを大切にしつつ、
絶対伝承してほしい。プラスもっともっと強くなれる可能性を感じられる
ザッケロー二監督の船出がいろんな意味でスムーズだった事を、
まずは、素直に喜びたいです。

個人的には、岡崎選手の最後までゴールの狙えるポジションを見つける気持ち、
岡崎選手、本田選手は、ゴール前までさがって守備にも幅広く
貢献してたように思います。長友選手のすばらしい速さ、粘り、
長谷部選手の遠藤選手の守備に攻撃にと本当に献身的で力強い動き、
個人的な意見ですが、遠藤選手は、テレビ観戦とスタジアム観戦の違いが
最も感じられる選手かなと思ってます。もの凄い運動量だなぁと感心させられます。
本田選手の自分のイメージしたプレーを実践でものにしたいと頑張っている姿や
香川選手のリズミカルなセンス、阿部選手の力強い動き、
川島選手の安定感。(怪我?!珍しい途中交代だったけど、大丈夫かな)
日本代表の選手一人一人書きたいくらいですが、
何だか、長くなりそうなのでこの辺にしておきます。

リオネルメッシ選手。今、この世界的超スーパースターのプレーを観れた事は、
素直に素直に嬉しかったです。とてもとても凄かった。メッシ選手がボールを持った瞬間
早送りの映像を観ているかのようでした。バルセロナの時も観てみたいなぁ。

点を取らないと勝てない事もあり、攻撃のワーッと沸き上がる喜びは、
もちろんもの凄く興奮するし、好きですが、最後まで必死に粘る守備や
コースを読んでカットする守備、もうだめかもっと思った時に防いでくれる守備、
ゴールキーパーが飛び出して防ぐ守備などが大好きです。
サッカーを好きになればなるほど、みればみるほど、どんどんそうなってきました。
どんどんと・・・

細野美穂

サッカー 日本代表VSグアテマラ代表をテレビ観戦。
グアテマラ代表の選手達にとっても、急激な環境の違いは、
大変だっただろうなと思います。

勝利は、良かった!
状況的にしかたないんだと自分に言い聞かせよう。
信じて見守って行こう!!

楢崎正剛選手、本当に本当にお疲れさまでした。
中村俊輔選手にたいしてもですが、
その姿をみただけで大歓声がよみがえる選手の代表引退は、
やっぱり胸がキューッとなります。

本当に本当にありがとうございました。
クラブでのこれからのますますのご活躍を期待してます!!

細野美穂

昨日、サッカー 日本代表VSパラグアイ代表を観に日産スタジアムに行ってきました!
まずは、勝てて良かったのはもちろんだけど、点が入って良かったなぁと素直に思いました。

パラグアイ代表の選手達にとって、急激な環境の違いは、
大変だっただろうなと思います。でもやはりなかなか点はとらせてもらえない・・・
と思っていた時、中村憲剛選手から香川選手へのさすがでクールな縦のパス!
そして、落ち着いたシュート。よ、よかった!点がはいって・・・
香川選手は、パスを受ける時の体の向きがいいなぁ。

一生懸命応援しながらも、ワールドカップってやっぱりすごいんだなと、特別なんだと
あらためて思わずにはいられなかったのは、私だけかな!?
南アフリカのワールドカップで日本代表は、今までと違う自信を手に入れた気がしました。
オシム前日本代表監督が以前お話しされてたように
世界にコンプレックスを持ちすぎずにプレーする!そんな感じを、昨日もうけたかな。
特技!?ともいえるかな。特徴やスタイルじゃなくてあえて特技と言いたいのですが、
自分たちには、特技“連携のとれた守備”がある。
だからこそ、安心して、攻撃に集中できる状況が増えはじめた!!
バトンがうまくわたったのかなと少し思えた試合でした。
これからきっとまた様々な喜びや試練が訪れると思うけど、
みとめてもらえる特技があるってなんだかいいな!
これからの国際大会で、“チームワークの良い日本からゴールは簡単に奪えないよ。”
“チャンスを確実に決める力がますますいいね。”みたいな表現があちこちから
言われたりしたら、嬉しいだろうなぁ!!
そうなんです!それが日本のよさなんです!なんて、私は、言ってみたい。

個人的には、本田選手にびっくりした。いろんな意味で想像をはるかに超えていた。
生の本田選手はとても迫力があったなぁ。強いと思わずつぶやいてしまった。

勝つ事にこだわって、結果を実感できる大会となったように思う
2010年南アフリカワールドカップ。
個性溢れるであろう大人の選手達をまとめて、特技をみつけてくれた
岡田武史前日本代表監督をはじめ、選手、スタッフ等のみなさんにあらためて深く感謝します。

ザッケローニ監督に、新たな一歩を歩き出した日本代表に大きな期待をする
心の準備を整えなくてはと思いながら家に帰りました。

細野美穂

201008170527.jpg坂道からの夕日。
私の住んでいる街は、坂道が多く、歩きの時は
その日の状況にもよりますが、荷物が多かったり、
急いでいたりすると結構大変な時もあったりします。
なかなかの運動量だなぁなんて思ったりもします。

そんな街ですが、坂をのぼると眼の前に
写真のような夕焼けが飛び込んでくる日があります。
車に乗っている時などは、
淡いオレンジをまとった燃えるような夕日が
突然現れます。そんな時、
坂道の多いこの街の醍醐味を感じたりします。
ちょっと大袈裟かな・・・

まんまるの大きな夕日をを少しだけ眺め、
近くのスーパーに夕食の買い物にいきました。

細野美穂

20100813.JPG蝉の抜け殻。ふたつめの公園にて。
最近、小さな公園をふたつウロウロしました。
ひとつめの公園。
蝉すごいなぁ。ないてるなぁとちょっと進んでみると
すごいなんてもんじゃない!!!
(ワールドカップのブブゼラって
こんなのかなぁ??!!もっとかなぁ)
木々を見上げたら、蝉の抜け殻があちこちにあり、
蝉たちもあちこちにいて、
上からも横からも蝉の声に包まれすぎて
度が過ぎていて、全力の蝉がちょっと怖くなりました。
(蝉の一生を考えると気持ちは、
わからなくもないのですが。ごめん。)
蚊も全力で近づいてきて、ここは、もう無理だなと
ややダッシュで退散。
ふたつめの公園は、ひとつめより整備されてる感ありで
気のせいか蝉もひかえめ。蚊も気にならず、
蝉の抜け殻をパチリ!蝉をパチリ!
不思議だぁ。虫がもの凄く苦手なのに
カメラを持っていると近づいている・・・
自分の事なのに理解不能・・・
いつもなら、もう、大騒ぎのはず。

以前、1mくらいの幅の道にカマキリがいて
その道を通る事ができなかった事を思い出してしまった。
情けない。
ちなみに爬虫類、無脊椎動物も、かなりというか
とてつもなく苦手です。いろいろ苦手だ・・・

好きなのは、きりんと子犬です。
ずいぶん前だけど、猫は、親戚の家で
タンスからタンスに信じられない
スピードで動き回っている様子を目の当たりにしてから
程よい距離感を保つようにしています。

これでも、子供の頃は、野を駆け、山を登り、
海に飛び込んでいたのになぁ。

細野美穂

たまに突然夫がチーズケーキの材料を買ってくる。
チーズケーキを作ってほしいという気持ちかららしいのだけど、そんな時に限って
あー今日無理ってかんじの日だったりなのだ。
誇らしそうに(何故自慢げなのかは、わからない)買ってきた材料を見せる夫に
つくった方がいいのか。
自分の気持ちに素直に“ごめん今日無理”と伝えるか小さな葛藤・・・・
材料を混ぜて焼くだけなのに、何だか気乗りしない日。
やっぱり今日はご、ごめん。近日中につくるね。
材料を混ぜて焼くだけの適当チーズケーキなのに、何故か大喜びの夫。
こんな事で大喜びしてもらえるなんてありがたい事ですね。
今度買ってきたら、すぐにつくってあげようかな!?

先日、Jリーグの横浜F・マリノスVSガンバ大阪を日産スタジアムに観に行ってきました。
随所に盛り上がりはみられるもののシュート決まらず、今日はドローかもと思っていた矢先
アディショナルタイムにホームの横浜F・マリノスに点が入って最後の最後で大騒ぎ!!
それにしてもガンバ大阪の遠藤選手の運動量は凄かった気がする。
気がついたらあっちにいた遠藤選手がもうこっちにいるという感じがして驚いた。
中村俊輔選手もさすがだなっていうパスが多かった。

暑いんだけど心地よい、心地よいんだけど、やっぱり暑いなぁ。と思いながら
スタジアム観戦ならではの醍醐味を感じながら観戦しました!

26日の夜、岡田武史監督の特集をテレビで観て、
ワールドカップがやっと終わったのかなぁなんて思った。
すみません。切り替え遅くて。余韻にひたっていました。
私にとって、ワールドカップは、海外旅行のようなものなのかもしれない!??
はじまる何ヶ月も前からワクワクし、ドキドキし、準備をし、実際にはじまって観てる時は、
なんだかふわふわと夢の中のような感じだったり、感情が強く揺さぶられたり、
ちょっとこわい感じがしたり、ちょっと悲しい感じがしたり・・・

いろんな国を勉強でき、世界の様々な国の魅力やいろんな個性を知る事ができ、
同じくらい日本の魅力や個性を、日本人である事を強く再認識させられる。
それは、本当にほんの少しだと思うけど
サッカーを通して・・・いろんな国を旅させてもらったような気になってしまう。

次は、ブラジルかぁ。今度こそ、今度こそ現地に行ってみたいなぁ。
テレビ観戦で息をする事を忘れるくらいだったり、
気がついたら緊張のあまり(特にカメルーン戦)
眼の前にあった2リットルの水を飲み干してしまうくらいだから、
実際に観戦したら、どんな事になってしまうんだろう。

個人的には、岡田武史監督が生涯監督というニュースを知り、
嬉しくて、嬉しくてもう嬉しくて。

細野美穂

昨日、Jリーグの川崎フロンターレVS大宮アルディージャを等々力に観に行ってきました。
少し心配していた雨も降らなくて、心地よい風に吹かれながらの観戦となりました!
試合は、あー、お、惜しいという場面でシュートが決まらなくてドローとなりました。
稲本選手のワールドカップを思い出させてくれる強いプレスがあったり、
川崎の選手たちの連動したパスからのシュートがあったり、
時間が進むにつれて結構楽しませてもらいました。

試合後、ざわざわとするスタンド。
欧州移籍が決まった川島永嗣選手、鄭大世選手の激励セレモニーがはじまるとの事!!
カーペンターズの曲(トップ•オブ•ザ•ワールド)にのって
今までの画像が大型スクリーンで紹介。なんだかほのぼの(笑)
川島永嗣選手、鄭大世選手の生い立ちや今までの話を画像とともに紹介してくれたり、
それぞれの今までの想いやこれからの気持ちなどを聞いていると自然に心がゆれました。
楽しみにしています。さらなるステージでのご活躍を!

新たな旅立ちの余韻を感じながら車に戻ると夫が眼鏡をなくしたといっていて、
車を探してもありません。急速に現実に引き戻されたよ!!!
探すといってもなぁ、正直えっーと思いながら、まず係の人に尋ねると、
今と真逆の場所が総合案内所で届いているとしたらそこだと教えてくれました。
結構遠そう・・・・・・・・・・・。
とことこと二人でいってみると眼鏡届いてた!!すごい、確か今日の入場人数って
18000人位だったはず、踏まれたみたいで少し曲がっていたものの
心優しき方、どなたかわかりませんが、ありがとうございます。

眼鏡がみつかり、良かった良かったと駐車場に戻ろうとしたら、
川崎フロンターレのバスがとまっていて、人がいっぱいいるのでもしかしてとみていたら、
中村憲剛選手や稲本選手がサポーターの近くを歩いていたり、
その後、川島選手、鄭大世選手もきて、サポーターとハイタッチ!
私も鄭大世選手と2回ハイタッチしました!

皆さん本当に優しい笑顔で引き締まった表情で素敵でしたね。

眼鏡紛失騒動が一転して、もの凄くよかったね!という雰囲気!!
何がおこるかわからないなってあらためて感じながら、無事、家に着きました。

細野美穂

20100531305.jpg想いは続く!
岡田武史監督、選手の皆さん、
岡田ジャパンの全ての方々に
心から心から感謝します。お疲れさまです。
ありがとうございます。

気がついたら涙がでてくる。寂しい。
無念な気持ちを想像すると
胸が苦しくなってくる。

あーうまく伝えられない。
心の中にある気持ちを文章にしたいのに
一般的な感謝状みたいに
なってしまいます。

帰国会見を観て、少しほっとしました。

本当に本当に本当に本当に
ありがとうございました。

細野美穂