logo100_2.png

top > diary


日常の出来事や感じた事などを綴っています。

8月中旬に近づくと、もう夏は終わりだと思ってしまう。まだまだ暑

先日、数年間 仕事をご一緒した方にお目にかかる機会に恵まれた。
久しぶりで大変嬉しかった。
その方は私の母と同い年、70代半ばの男性だ。

仕事を通して、さりげない優しさや強さに励まされた。
移動のバスの中では思い出話をしたり、近況をお聞きした。

現在は定期的に会う機会があまりないこともあり、
改めて今までの感謝の気持ちを散会時に伝えたところ、
「そんな風にきちんと挨拶されたら、さみしくなるよ。」
そんなような事を言われ、ハッとした。

年齢を重ねた方との「さよなら」は、若い頃の「さよなら」より
もっと、もっと繊細なのかもしれないと。
実際、自分もその感覚が少しわかるようになってきたから、
ハッとしたのかもしれない。

人生のターニングポイントで出会った素晴らしい人生の大先輩。
私はこの方を懐かしむ時が来るだろう。と今からそう思う。

また、笑顔でお会いしましょう!

細野美穂

少しずつワールドカップに向かって気持ちが整ってきました(笑)
以前も書いたことありますが、サッカーを好きになって本当に良かったと思います。
特にワールドカップ期間は、暮らしにハリが出ます!?

監督交代など、詳しい事はわからない。
そして、わからないなりにも個人的な意見を持っています。
しかし、もう気持ちを切り替えてワールドカップを楽しみたい!
その気持ちの方が強くなりました。

ワールドカップを観れる環境に感謝。
そこに日本代表がいてくれることに、ただ感謝。

細野美穂

大相撲。

先日、逸ノ城関を応援していると書いた翌日から
負けが続いてしまい、何故か軽く責任を感じている(苦笑)。

昨日今日と連勝。
ホッとしています。。。

大相撲を観ていて感じる事。

立ち合い時の力士同士の凄みや駆け引きや思いやり。
勝負において、日本らしさ!? が凝縮されているとも思えてきます。

少しずつですが、専門用語も覚えてきました。

細野美穂

テレビでスポーツ観戦する事がとても好きな私にとって、
特に今年はありがたい1年なのです。

ワールドカップがもうすぐ。本来ならもっと楽しみにしているはずなのですが、
乗り切れてない自分がいます。応援する方にも
心身のコンディションを整える事が大切(笑)だよね!
なんて思いながら心を整えています(苦笑)

深い意味があるわけではありませんが今年に入って、
大相撲を出来る限り観ています。(録画になってしまう日が多いですが。)

今までタイミングも合わず、なかなか観ることができなかったけど、
取り組みはもちろんのこと、始まる時の太鼓・拍子木の音、
ひとつひとつの大切な「しきたり」。
しっかり観ていなくても何となく知っているって事が、
あらためて日本の国技なんだと思わせていただける。

気がつかないうちに、大相撲がある事が当たり前になっていたんだなぁ。
しみじみとしてしまっている自分がいます。

自然に逸ノ城 関を応援しています。
優しそうな穏やかそうな何とも言えない雰囲気に魅了されています。

細野美穂

平昌オリンピックが始まり、できるだけライブで観たいなぁと
バタバタしています(苦笑)。
もちろんテレビ観戦ですが、昨日のスキージャンプのノーマルヒルの決勝は、
テレビで応援していてもその厳しい風と寒さが伝わってくるくらいだったので
実際にはどれくらい大変なんだろうと思っていました。

でも、選手の皆さんは凄い。
オリンピックに出れるくらいの凄い方々なのだからとは思うけど
やはり同じ人間、とてつもなく寒いはず。でも本当に凄い。と心の中で行ったり来たり。
今まで積み上げてきた全てを本番のその瞬間に合わせる事の
大変さや重みを改めて考えさせていただきました。

W杯もある今年は、私にとって楽しみの多い1年です。
トップアスリートの皆さんの活躍を観る事のできるその環境に
素直に感謝なのです。

たくさんの努力と鍛錬の結晶はただただ素敵だ。


追記
ダイアリーをアップ後、本日は天候のため、延期となった競技がある事を知った。
そして昨夜はやはり無理があったんだなぁと思う。
事故などが起きなくてよかったなぁとも思う。

細野美穂

本日のCWCのグレミオ VS パチューカ!
夜中だけど頑張って応援します!

勝利して、レアル・マドリードと対戦して欲しいと願ってます。

本田圭佑さんは、大変不思議な魅力をお持ちの方だなぁと思います。
以前、実際に試合で観た時に、テレビで観るよりもずっとずっと迫力のあるプレー、
献身的なハードワークに大変驚き、実際にスタジアムにいける環境に
感謝した事を思い出します。

仮眠を取る?どうしようかな?
ひとまず、よもぎ茶を入れよう(笑)。

細野美穂
本日のCWCのグレミオ VS パチューカ!
夜中だけど頑張って応援します!

勝利して、レアル・マドリードと対戦して欲しいと願ってます。

本田圭佑さんは、大変不思議な魅力をお持ちの方だなぁと思います。
以前、実際に試合で観た時に、テレビで観るよりもずっとずっと迫力のあるプレー、
献身的なハードワークに大変驚き、実際にスタジアムにいける環境に
感謝した事を思い出します。

仮眠を取る?どうしようかな?
ひとまず、よもぎ茶を入れよう(笑)。

細野美穂

2011年3月11日(金)東日本大震災

私は、その当時、自宅 兼 事務所だった大田区のマンション5階にいた。
その日は午後、病院に行く予定が入っていました。
準備を済ませ、さあ出かけようと思った時だった。
あのとてつもなく恐ろしく悲しい東日本大震災が起きたのは。


数日間、お風呂に入る事をやめた。電気も極力使わないようにした。
阪神・淡路大震災の後、万が一に備え用意していた災害用リュックがあったので
水やラジオやろうそくは、心の拠り所となった。

少しして、久しぶりにシャワーを浴びた後、最後に真水を桶で数回 頭からかけた。
とてもとてもとても寒かった。体が信じられないくらい震えた。
と同時にこの寒さなんてくらべものにならないところで、私の想像のおよばない状況で、
まだじっと頑張っている人たちの事を思うと涙が止まらなかった。

その時以来、年内は頑張れる時までお風呂の最後に真水をかぶるようにしている。
人間は弱いものだ。年内はまだ頑張れるけど、1月くらいからは
なかなかできない時が多くなる。

そして、また3月11日からお風呂の最後に真水をかぶるようにしている。


体に悪いという事を見聞きしたりするけど、誰のためでもない、私は自分のためにしている。
あれから、災害用リュックは2個になった。

細野美穂

何故だ!!??
春頃、こうしよう!!と予定をしていた事が何も進んでいない(苦笑)。

少し前の私なら、かなり焦っていた。自分を責めていた。
でも、
ここのところの私は、少しだけ自分に優しくなってきた。
そんな時もあるよねと今はその時ではないんだよと自然に思えるようになってきた。

この感じ、気に入っている。

細野美穂

先日、録画していた映画「新しい靴を買わなきゃ」を観た。

パリが舞台ということもあって公開時、気になってはいたけれど、
ポスターやコマーシャルから伝わる印象が自分にはどうもしっこりこなくて、
今まで遠ざけてた気がします。
世代・性別・価値観!?など、人それぞれだと思うのできびしい感想の方もいるようですが
私にとっては、素敵な映画でした。

映画の世界観がグラフィック通して、もう少し感じられていたら・・・
映画館に足を運んだかもしれない。と正直もったいなく感じてしまったくらいだ。
ポップな印象を持ってしまっていたので。

と同時に映画のグラフィックの仕事をしてみたい。とも強く思った。

細野美穂

私は、高校生の頃、カントの「自由」への考えとの出会いに衝撃を受け、
現在も時々思い出す。

その後、「本能」への考えをどこかで読んで、深く考えさせられた。
そこに「理性」を加えてあれこれ考えを巡らせてみるが、
抗えない現実に遭遇する事もあるよね。。。とうなだれてしまう。
きっと、大なり小なり、矛盾を抱えながら、みんなそれでも生きている。
頑張っている。天寿を全うする事が難しい世の中で。

深呼吸をして、咀嚼して、ゆっくりやっていこう。

細野美穂

先日、念願のお花見を久しぶりにしました。
といっても、みんなでワイワイお酒、お弁当、おつまみを食べて盛り上がるという
「THE お花見」ではなく、おにぎりを持って、近くの公園にちょっとだけ行って
桜を見ながら散歩するといういたってシンプルなものでした。
それでも、私にとっては貴重な時間。。。

その際に不思議な桜の木を発見。
メタセコイアという針葉樹の中でその背の高い木のように背が高くなっているのです。
もしかしたら、そういう背の高い桜の木もあるのかもしれませんが、
自分が桜の木ではなく、メタセコイアだと勘違いしているように見え、
なんだかとっても可愛らしく思ってしまいました。

細野美穂

20170412_4674.jpg背の高い桜。
20170412_4624.jpgホソノ企画のカメラマン。

久しぶりに仕事場の模様替えをしました。(配置替え?!)

さぁ、気分一新。
もうすぐ春だ!

細野美穂

ワークショップ(出張実践写真講座)にて
スマートフォン・タブレットでの講座も可能となりました。
理由は、以前からリクエストをいただいていた事と長年愛用していたガラケーから
カメラマンがスマートフォンに変えた事、この二つです。

不思議です。スマホでもカメラマンが撮るとなんだか違います。
教えてもらうとなるほど!っと思う事が多いです。ちょっとした事ですが。。。

LinkIconworkshop(ワークショップ)


ちなみに、私も思いきって、全く悩まず、ガラケーに買いかえました。
約10年も愛用していたので、新しい機種は、ガラケーだけど地味に充実していて、大満足。
機種も限りなく少なく、悩まなくて済むので私にとってはいいです。
少しだけ希望したいのは、少々つるんとしているので、グリップ感が欲しいかなぁ。

細野美穂

3月に入って少しずつ、春を感じるようになりました。
今日は、お天気が良く、気温はそこまで高くないけど、
太陽にあたっているとポカポカします。

今年は、新しい事を始めようと考えてます。
まだ、少し漠然としていますが、2011年以降の約5年間を通して感じてきた事で、
自分にはもちろん、社会にもほんの少しはお役に立てるかも!と思う事です。
ぼんやりとした内容ですね。

今年は、なんとか花見をしたい。
そして、美しい桜にみとれながら、新しい事をもう少しクリアにしよう!
そうしよう!

細野美穂

2017年になって、初めてのダイアリーです。大変遅くなりましたが、
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

桜が咲く前にご挨拶ができて良かったと思います。

細野美穂

12月29日(木)〜1月4日(水)までお正月休みとさせていただきます。

本年も仕事を通して、また、公私にわたり、たくさんの方々との出会いがありました。
大変お世話になり誠にありがとうございます。心より感謝申し上げます。

写真は、お仕事を通して知り合った方より一昨日届いた有機のお米とお野菜です。鮮度抜群!
この時期のなば菜は、めずらしくびっくりしました。まずは、シンプルにお浸しでいただき、
今日は、パスタでいただきました。本当に程よいほろ苦さでとってもジューシー、甘い!

思いがけなかった事もあり、嬉しい驚きとともに、以前、ご自宅にお邪魔して、
ご家族の皆さんとのひとときを懐かしく思い出しました。

只々・・・感謝。
20161228_4152.jpg温もりいっぱいのお米とお野菜


2017年もひとつひとつのご縁を大切に、ホソノ企画に依頼してよかったと
言っていただけるように精一杯努めて参ります。

明年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

ホソノ企画
細野幸人
細野美穂

以前、家電の星なんていう事を書いたためか(苦笑)。約3年で掃除機が壊れてしまった。
普通に使っていたつもりだったのに。。。
何がいけなかったのだろうと少し、くよくよしていた。
まにあわせで買ったつもりだったし、などと自分をなぐさめてみたりした。

といっても掃除機ないと不便だし、これは、ついに決断の時!と

念願のコードレスの掃除機を買った。
ずっと欲しかったメーカーのもので、正直ものすごく嬉しい。
バッテリーの部分がある事と右腕が少し痛むこともあり、
イメージよりは少し重く感じるけど、大した問題ではない。

なんて楽なのだ。
ずっと欲かったから余計にそう思うのだろうか!?
これからよろしくお願いします。

おかげさまでオーブンレンジは、まだ元気で18年目を迎えてくれた。
とても元気で何よりだ。

細野美穂

テレビで映画のプロモーションが流れていて、聴覚的に刺激された。

なんだ!!圧倒的な懐かしさとこの焦燥感。

そっかぁ。と2、3日して答えが出た。
その主題歌の旋律とミックス感に、もう二度と体験できない恋をしていた時代に
流れていた音楽を思い出したからだ。

恋はいくつになってもできる言う人がいる。もちろん異論はない。
ただ、若い頃の恋は二度とできない。と私は思っている。
若さ特有の感覚・肌・髪・汗・匂い・瞳・涙・目の前のたった一人の人が世界の全て。
そんな恋。
と同時に今を一生懸命生きることを励まされた気がする。

今も二度と戻らない瞬間なんだよと。

細野美穂

現場。一体どれくらいの種類の現場があるのだろう。

真実と価値観。この数年間で少し苦手になった言葉だ。
真実は人の数だけある気がしてしまい、
価値観って?こんな時に使う言葉だったかなぁ?と戸惑う時が増えていて、
その時のその場の空気感が大抵苦手に思うからだと自己分析してみている。
と言いながら、時々使ってしまうのも事実だ(苦笑)。

いっけん、相反する考え方やものに静かに耳を傾けよう。

もしかしたら、年齢を重ね、その醍醐味への準備が整ってきているのかもしれない。
もしそうなら嬉しいな。

細野美穂

ちょっと、しんどいなぁ。夏バテ?と思いながら過ごしていたら、
8月末、思いっきり体調を崩した。

進行中の案件だけは、休み休み何とか9月中旬までに納品させていただき、
新規のご依頼はお休みさせていただくことにした。
事情を知っているクライアントさんから、フランス アルザス地方の素敵なお菓子が届いた。
お気遣いが本当に嬉しかった。

可愛らしくホッとするイラストの描かれたその缶を見ていると、
子供の時に戻ったような気持ちになり、
ついつい缶を眺めたり、食べ終わったら、この缶に何をしまおうかなぁ。とか
そんな事を感じさせてくれる優しさだった。

この1ヶ月間、涙がいっぱい出た。
9月は、ずっと涙が出ることばかりが次から次にと多かった。
いろんな種類の涙。
今日から10月。まだ、ちょっとしんどいけど、気持ちをぐっと強く持てば、
心身が動ける!までにはなったと思う。

私にできる事は、できる時は、いつだって本当に僅かだ。
その僅かな事に精一杯の愛を込めて、ゆっくりやっていこう。

細野美穂

梅雨が明けた。
もうすぐお盆だ。その前に今年から「山の日」がある。なかなか良いことだって思う。

以前も書いた気がしますが、子供の頃、母方の祖母の実家で住んでいた私は、
昔からのその地域の季節の習わしを一通り体験しています。
お盆は、ご先祖様をお迎えし、お見送りする大切な3日間。
幼い頃は、その風習が若干怖かったけれど、今では貴重な思い出だ。

今年は、この3日間にいっぱい聞きたいことがある。
もちろん答えは帰ってこないけど、こう思うんじゃないかな?とか
きっと、こう言ってくれるだろう!なんて考えたりする。
(答えがかえってきたら、やっぱりちょっと怖いし。)

どうぞよろしくお願いします。
細野美穂

EURO2016!ポルトガルが優勝した。
どちらかというと、クリスティアーノ・ロナウド率いる!?ポルトガルを応援していたので
彼が、途中怪我で試合を続けなれなくなった時、なんてことだぁ〜〜〜。怪我の事も心配だし、
最高の舞台でのトップパフォーマンスが観れない事は残念だし、気持ちが追いつかなかった。

しかし、クリスティアーノ・ロナウドという人は、凄すぎた。面白かった。天真爛漫だった。

サッカーの試合を見ていて思う事のひとつ、「すごいフォワードは、すごいアシストもする。」
常々、クラブでの彼はまさにその極みのような人だなぁと思っている。

突然、オランダ代表のスナイデルの事を思い出した。
クラブでの事は、あんまりわからないけれど、2014年のワールドカップ ブラジル大会での
彼のパフォーマンスを思い出した。
2010年のワールドカップ 南アフリカ大会の決勝の時の胸を抑えて座り込んでしまった姿も。
また、2012年のEUROでのドイツ代表エジルが
負けた瞬間、その場に座って動けなくなってしまった事も。
古くは、2002年のワールドカップ 日韓大会の時、負傷をおして出場し全身全霊でボールを
追いかけるジダンを。

いろんな人のその一瞬の姿が表情が鮮明に次から次へと思い出される。

国の代表。何かが違う。何かが変わって見える。

ポルトガルが優勝した。本当におめでとうございます。

細野美穂

ホソノ企画は、二人ともサッカーが好きです。大好きです。

ここのところ、UEFA EURO2016(サッカー欧州選手権)を
WOWOWの生中継で観ています。
深夜から明け方までの時間帯。90分で勝敗が決まらない場合、延長、PK。
二人とも、寝不足も手伝って観てるだけなのに、
延長戦に入る前には、90分奮闘したような状態になっています(笑)。

グループリーグの時は、ハーフタイムにデスクに戻って、切り替えて仕事して、
現在のトーナメントは、日本時間では明け方の開始ということもあり、
それまで集中して仕事して、テレビ観戦して、
また、切り替えて仕事に取り組んでを繰り返している。
この約1ヶ月間は、ホソノ企画にとって、ご依頼いただいた様々な大切な案件と
私たちの唯一の大きな楽しみと言っても大袈裟でないくらいのサッカーの中継、

どちらも譲れない。

お陰様で毎日フル回転。幸せなことだ。

本日深夜の、フランス VS アイスランドも楽しみですが、
現在最も待ち遠しいカード。準決勝のウェールズ VS ポルトガル。

感謝。

細野美穂

少し前、洗剤を変えた。昔使っていた洗剤で、当時は粉洗剤だった。

液体でこの洗剤を使うのは初めてだ。
洗濯の際に液体洗剤を使うようになったのっていつ頃からだったっけ!?などと思いながら
何気なく使い始めた。

メーカーの方々が改良を重ね続けてきて、厳密には、香りも変わっているはず。
でも、不思議と懐かしくて落ち着くのは、基本となる大切な何かを
守っているからなんだろうな。

ふと思って変えたのに、洗いたてのTシャツやタオルから届くのは、
思い出が花開くような香りだ。

こんな日常をきっと平穏というのだろう。
これからも細やかなことを積み重ねていこう。
ひとつ。ひとつ。

細野美穂

20160430_よもぎ蒸しパン2.jpg

花水木の見頃を少し過ぎ、行く春を惜しんでいた頃、
取引先の方から、摘みたての春の山菜・薬草が届いた。
鮮度を保つ為にそれぞれ湿らせた新聞でまかれていた。

昨年もいただいて、とっても嬉しかったことを思い出す。

夫のリクエストはまずは天ぷら。
そして、よもぎは蒸しパンにしてみました。

働いていた母はいつも忙しく、私はほとんど祖母のご飯で育った。
おばあちゃんが時々作ってくれた蒸しパン。幼かった私。
とても優しくて穏やかな思い出が蘇る。

今年もありがたく美味しくいただきました。

ただただ・・・感謝。

細野美穂

気がついたら、ハナミズキの季節になっていた。
私の住んでいる場所の街路樹は、ハナミズキが印象的だと思う。

昨年もそう思った。
今年もそう思った。

とても幸せなことだ。
感謝。

細野美穂

本当にそうなのかなぁ??と心の片隅にあった疑問。
モヤっとしていた空に太陽が顔を出し穏やかな色あいに包まれる。
昨日、そんな出来事があった。

あらためて、基本と応用とさじ加減を学べる時間だった。

今年も桜の季節となった。
この事が、当たり前ではないという事と共にその美しさを堪能したい。

今年の春はそうしよう。

細野美穂

20160125_1055.jpg
最近、夫がパンを時々焼いてくれる。
形は、毎回一緒ですが、色々と配合や
材料や発酵時間や温度など工夫を
しているようです。

毎回、感想を聞かれて、素直な感想を伝えている。


モチモチとしていてなかなか、
美味しい!

楽しそうにパンを作っている。
あらためて、こういう事が好きなんだなぁと思う。

ちょっとリクエストしてみよう!少し違う形も食べてみたいな!と。

細野美穂

もうすぐバレンタイン。今年は、久しぶりに期間中に売り場にいく予定。
もう二度と、バレンタインの仕事をする事はないだろうと思っていた。

人生とはやっぱり不思議なものです。昨年、ちょっとしたご縁があり、
気がついたらバレンタインのお仕事をお受けする事になった。
お仕事をさせていただく上で、いつも以上に大切にした気持ち。
過去に冷静に。今は情熱的に。未来を見据えて。という事。

この10年で大きく変化した、ネットで商品を購入する事や
WEB、SNSの情報がリアルタイムで発信され、それが多岐にわたる事。
自分が携わられていただいた商品の評判が実にリアルに知る事ができる事。

そんな状況にタフでなければと思う。

そういえば、以前友人にいわれたなぁ。美穂の仕事って、
たくさんの人の目に触れる機会が多いし、
色んな意見もあるからたいへんだよね!?  みたいな事。
その時は、ちょっと強気な発言をした。
そうだね。一喜一憂していたら進まないし気持ちが強くないとね。  みたいな事。

ごめんよ友人。気持ちは正直強くない。むしろ弱い。
だから、自分にビジュアルを預けてくれた取引先の方々やその方々のお客様へ向けて、
自問自答を何度もして、大袈裟にいうと24時間体制で臨んでいる。
きれいごとのようだけど。私はいつもこんな感じだ。

細野美穂

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

結構、昔の話を。
その職業の人とはじめて話をしたのは、もう20年以上も前だ。
当時勤務していた制作会社のフロアのトイレ清掃をしていた女性。
今思えば現在の私よりも若かったかもしれない!?なんて思う。

最初は、いつもありがとうございます。というお礼を言って
今日は暑くなるから気をつけるんだよ!なんて言葉が返ってくる程度の
会話をするくらいだった。

きっかけは何だったんだろう??!!

その女性の仕事が終了する時間にアイスコーヒーを差し入れして
ほんの数分世間話をするようになった。
東京で友人、知人も少ない私にとって居心地の良い時間だった。
ビル自体新しく、そのフロアを当時の会社がすべて契約していたので、
女子トイレを使用するのは、女子社員と女性のお客様くらい。
その上、いつもピカピカにしてくれるその人のおかげで本当に快適だった。

アイスコーヒーは、女子トイレの洗面のスペースで美味しそうに嬉しそうに味わってくれた。
やっぱり、なんとなく、トイレの横の給湯スペースでいかがですか?とすすめたが、
私はいいけど、あなたに迷惑かけるかもしれないし、ここの方が落ち着くよ!と言っていた。

当時、250CCのオートバイに乗っていた私は、夏休みを多めにいただいて北海道に
ツーリングにいく計画を彼女に話した。
数日後、いつものようにアイスコーヒーを差し入れすると、これを持っていくんだよと
小さな紙袋を渡された。身代わり地蔵のお守りだった。

北海道のツーリングは、今でも広大な思い出だ。
それからの記憶が曖昧で、思い出そうとしてもその女性との記憶が思い出せない。
お守りをいただいて・・・・・夏休み後、出社して・・・・なぜだろう?思い出せない。

現在もなお、私は、トイレ清掃をされている人とトイレであったら、
ありがとうございます。と伝えている。
そんな時、ちょっと茶色く染めたショートカットのサバサバとしていた彼女の笑顔を思い出す。

細野美穂